台湾台東に関わって40数年、その間に経験した楽しかったこと面白かったことびっくりしたことなど、現地の状況や日本との比較なども含めて紹介したいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾大型哺乳類の調査 2007年6月

・アンケート調査
 タイワンザルの調査と平行して、台湾にいる大型哺乳類の調査もした。
 タイワンザルの調査のついでに色々と聞き込みもしたが、1990年7月から9月にかけてアンケート調査を行った。
総計42カ所からの回答が得られた。それを集計したのが、「台湾野生動物アンケート結果」である。そのリストを最後に添付する。
この中で、ウンピョウに関しては全くその情報がなかったが、カワウソに関しては3件の情報が得られた。ひょっとするとまだ台湾にカワウソがいるかも知れないという期待と希望がその時には湧いてきた。
その3カ所というのは、台東の成功、台北の烏来(ウーライ)、もう一つは高雄縣の桃源であった。 しかし、どこに行ってもカワウソの情報は、昔のものだったり、間違いだったりで、結局カワウソ発見はもちろんのこと、正確な生存情報すら得られなかった。
 集計の結果で最も多かったのは、タイワンザルの情報であった。42件の回答の中で、35件の回答に中にタイワンザルがいると書かれていた。さらに、すこしびっくりしたのは、クマの情報が意外に少なかったことである。また、ヤマネコに関しては余り期待していなかったにもかかわらず、15件の情報が集まった。
鹿とスイロクは、同じ項目にしたために、鹿なのかスイロクなのかの判定ができなかったが、野生の花鹿はすでにいないし、キョンの項目が別にあったので、これは全てスイロクであると判断した。おそらくスイロクは少ないものと思われたが、思った以上の情報が集まった。また、マングースについては、北京語表記をしていなかったために、無回答となった。

これらアンケートの回答結果は、現地に赴いて確認する必要があったが、とても私達だけでできるような仕事ではなかった。かといって、台湾大学の学生がこの資料を持って、1カ所1カ所歩き廻って確認するなどということも期待できそうもなかった。

スイロクがいることは分かっていたので、とにかく、ウンピョウとカワウソの確認がしたかった。

・ウンピョウとカワウソ 
 その後、ウンピョウの情報があったが、東南アジアから輸入したウンピョウのカゴ抜けだったり、カワウソの情報があって出かけたものの、そこに行ってみると、誰も知らないガセネタだったりと、色々と振り回された。 金門に行けばカワウソが見られると、師範大学の教授から誘いも受けたが、やはり台湾本島でなければ意味がないと断った。

日本でも、ニホンオオカミが絶滅し、日本カワウソも絶滅しているものと思われる。トキ(朱鷺)に関しては、その学名がNipponia nippon となっているから、日本を象徴しているような動物であるために、その絶滅が惜しまれる。
ウンピョウ(雲豹、Neofelis nebulosa
は、中国南部からネパール東部、ミャンマーなどに生息しているとされてるが、その数は多くない。2007年3月には、WWF(World Wide Fund for Nature)が、ボルネオとスマトラにいるウンピョウは大陸のウンピョウとは別種であると発表した。
そうなると、台湾に生息していたウンピョウも、台湾亜種であった可能性が高い。よけい悔しくなる。タイワンザルの調査で初めて台湾に行った1944年から、ウンピョウの調査も平行して行っていれば、何らかの情報や事実が得られたかも知れない。
タイワンカワウソについても同じ事が言える。でも、どうして日本でも台湾でもカワウソがいなくなってしまったのだろう。カワウソはそれだけナイーブな動物で、環境の変化に対応できなかったのかも知れない。
 
・その他の絶滅種および絶滅危惧種
 タイワンハナシカ(台湾梅花鹿、Cervus nippon taiouanus) は、野生のものはもう既にいなくなってしまったが、今でも台湾各地で養殖されている。最も有名な養殖地は、台東の緑島である。最近の緑島では、花鹿が野生化してしまったとも聞く。その幼角はバイカロク(梅花鹿)として、漢方では強壮・強精。長寿の薬として珍重されている。
さらに、ヤマネコ(石虎)については、想像以上の情報があった。セキコもほぼ絶滅状態だと思っていたが、42件中15件もの情報が出てきた。
日本のツキノワグマの台湾亜種である、タイワンクロクマ(台湾黒熊、Selenarcutos thibetanus forumosanus) の情報量から見ると、かなり問題である。そう遠くない時期に、絶滅の危険性がある。

 とにかく、今台湾では、開発が進み山が壊されて、動物の生息域が狭められていることは確かである。これ以上の絶滅動物を出してはならない。適切な保護政策が必要である。

台湾野生動物アンケート結果

関連記事
スポンサーサイト

[2011/11/10 22:30] | 動物・蝶・昆虫
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。