台湾台東に関わって40数年、その間に経験した楽しかったこと面白かったことびっくりしたことなど、現地の状況や日本との比較なども含めて紹介したいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の野菜たち その2 2012.2.19

大頭菜(コールラビ)

冬場が旬の面白い格好をした、アブラナ科のキャベツに近い野菜です。
和名は「カブカンラン」、「カブラタマナ」と言います。
ヨーロッパ地中海辺りが原産だというこの野菜は、ドイツなどでは普通に見られるそうです。
てっきり中国野菜だと思っていましたが、西洋野菜でもあるようです。

コールラビはドイツ語で、コール(Kohl)は「キャベツ」、ラビ(Rabi)は「カブ」を意味します。


大頭菜
コールラビ

大頭菜には白色と紫色の2種類がありますが、台湾では白色が多いようです。
イタリアではカーボロ・ラーパ(Cavolo Rapa、キャベツ・カブの意)と言い、紫のコールラビのことは「ウィーンの紫、viola a Vienna」と呼ばれているようです。

大頭菜のお料理を試しに色々作ってみました。

最初は、大頭菜のツナサラダです。
わずかに甘みのある大頭菜は何にでも合いそうな気がしました。

次は、豆腐乳で合えてみましたが、なかなか乙な味がしました。
豆腐乳は辛口でも甘口でも良く合います。

そこで今度は、韓国のキムチと混ぜてみましたが、これもなかなか行けます。


大頭菜のツナサラダ
コールラビのツナサラダ


大根の代わりに「紅白なます」にしても良いかも知れません。

日本に定着しなかったのはとても残念だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

[2012/02/19 23:30] | 野菜
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。